シャワーの温度 ぱさつく

シャンプーをする時にシャワーの温度は熱めがいい?かえってべたつくかも。

シャンプーをする時にシャワーの温度は熱めがいい?かえってべたつくかも。

せっかく髪にいいシャンプーを使ってても

 

普段の髪の扱い方によって
髪の毛はいくらでもパサつくんですよ。

 

なので、いつも髪にはやさしくしてくださいね。

 

今回はシャンプーをする時のポイントについてご紹介します。

 

まずシャワーの温度は熱め、ぬるめ?どっちがいいの?
頭皮の皮脂が良く出る私は正直
熱めの温度のシャワーでやりたいです。

 

以前お湯シャンプーをしてた時は
シャンプーを使わない分皮脂をお湯で洗い流す必要があります。
なので熱めの温度で私はやってたんですね。
(結局皮脂が多すぎてお湯シャンプーは断念したんですけど汗)

 

でも

 

温度が高いのはあんまりよくないんです。

 

実はこのシャワーの温度によって、頭皮や髪の毛にダメージを与えていることがあるんです。

 

頭皮が温まって気持ちいいんですけどね汗

 

洗顔するときもぬるま湯にするように
頭皮も熱いお湯を使っていると、本来頭皮に必要なうるおいまで洗い流し、頭皮を乾燥状態になってしまいます。

 

そうなると、この乾燥状態を補おうとしてさらに皮脂が出るんです。
だからべとべとしてくるんですよね。

 

これを躍起になってまた熱いお湯を使うとまた肌が乾燥して・・・の悪循環なんです。

 

 

ですから
シャンプーをするときは

 

ぬるま湯

 

がいいんです。

 

 

じゃあ何度?となると37℃くらいが目安です。

 

ちょっと物足りないな?

 

と思うかもしれませんが、これぐらいが肌に負担のない温度ですから
これでしっかり予洗いをしてシャンプーをすると余分な皮脂やホコリも落ちますよ。

 

 

あと、
頭皮が乾燥するから毎日シャンプーしないほうがいい??

 

と思ってる人がいると思いますが

 

これはあくまで洗浄力の強いシャンプーの場合です。
一度に皮脂や水分を摂りすぎるために
あんまり洗わないほうがいいと言ってる人がいます。

 

理由は石油系の洗浄成分やシリコンなどによって頭皮に負担をかけるものがあるので、こんな話がでたのかな、と思います。

 

 

髪や頭皮を同じアミノ酸系の洗浄成分でできているシャンプーを使えと
頭皮に負担を与えないですから

 

ぬるま湯のシャンプーで
アミノ酸シャンプーをつかえば
頭皮環境も整ってきますよ。

 

 

しっとりツヤツヤ髪を作る頭皮に必要なのは保湿

page top